/* chirouno */
コラム

自然に消える?!椎間板ヘルニア

NHK「今日の健康」『腰痛 徹底解説「椎間板ヘルニアの新常識」』

このなかで、ヘルニアが自然消滅する条件について説明がありました。

椎間板ヘルニアの新常識 ①多くの人は自然にヘルニアが消える

椎間板ヘルニアの多くは、何もしなくても、発症してから6か月前後に自然に消失します。
これは整形外科医の間ではかなり以前から常識になっていることですが、一般には、まだあまり知られていないかもしれません。
ただ、すべての椎間板ヘルニアが自然に消えるわけではありません。
消えやすいのは、髄核が椎間板と神経の間にある後縦[こうじゅう]じん帯を突き破っている場合です。
その場合は、免疫細胞が反応して、飛び出した髄核を食べるため、ヘルニアが自然に消えるのですが、髄核が後縦じん帯を突き破っていない場合は、免疫細胞が反応しにくいため、椎間板ヘルニアは自然に消失しにくいと考えられています。

「椎間板ヘルニアが自然に消える」というのは、以前から知っていました。
しかし、「後縦靭帯を突き破っている場合」に限られるというのは知りませんでした。

ひと昔前は、「一度なったら手術をしなければ治らない」と思われていた椎間板ヘルニア。

画像をみて、お医者さんに「あなたの場合自然に治る」といわれたら、本当にホッとしますね。
不安が減り、予後の回復も良くなると考えられます。

また、

椎間板ヘルニアの新常識 ②ヘルニアがあるだけでは症状は起こらない

最近の研究では、成人では椎間板ヘルニアを持っている人の方が、持っていない人より多いと考えられています。
ところが、椎間板ヘルニアで腰痛を起こしている人はごく一部です。
つまり、椎間板ヘルニアがあるだけでは症状は起こらないのです。
症状が現れるのは、椎間板ヘルニアにほかの要因が加わった場合です。
研究の結果わかった要因は、神経への圧迫の強さ、仕事上の満足度の低さ、そして、うつ・不安・ストレスです。
このうち、うつ・不安・ストレスなどの精神的要因は、症状を長引かせ、慢性腰痛の要因にもなります。

ということで、多くの場合、椎間板ヘルニアには手術は不要ということになります。

ただし、中には進行するタイプの椎間板ヘルニアもあります。
「この痛みやしびれは何だろう?」と悩み、不安な状態が続くことが、慢性腰痛の要因にもなり得ます。
脚のしびれや痛みが1週間以上続く場合は、1度専門医の受診をおすすめします。

また、椎間板や神経にかかる負担を軽減するには、カイロプラクティックも有効です。
筋肉・関節・神経系の機能異常の原因を評価・ケアしますので、症状の緩和はもちろん、腰痛予防にも効果的です。
ぜひ、ご活用くださいませ。


【参考HP】
●認定NPO法人 いたみ医学研究情報センター

●加茂整形外科医院

あなたのための施術があります。

まずはお気軽にお問い合わせください。

三島市のカイロプラクティック  カイロ・ウノ

 

■ 住所:〒411-0801 静岡県三島市谷田1345-81


■ 電話:  055-976-3912(完全予約制です。)


■ アクセス方法


■ 営業日カレンダー


■ はじめての方へ(施術の流れ)


■ 問い合わせフォーム


■ 診療時間:09:00〜19:00


 

施術に関してのご相談はこちら

123456
789